Artio CR-V1 / CR-M1 スピーカーが鳴っているように聴こえるイヤホン!

イヤホン

Artioの「CR-V1」と「CR-M1」

Artio(アルティオ)は、「スピーカーの音の聴こえ方を仮想的に再現した」というカナル型イヤホン「CR-V1」と「CR-M1」のクラウドファンディングを、GREEN FUNDING by T-SITEでスタートしました。

いつでもどこでもあなただけのオーディオルームを。 スピーカー再生空間を創り出すイヤホン 日本発オーディオブランド「Artio」の新プロジェクト

一般販売予定価格はCR-V1が39,700円(税込)、CR-M1が15,000円(税込)ですが、早期割引特典として、150個限定で30% OFFとなる、CR-V1が27,790円(税込)、CR-M1が10,500円(税込)の支援プランを用意しています。

特徴は、“スピーカー再生の音を仮想的に再現する”という「WARP(Wide Area ReProduction System)」

共通する特徴は、“スピーカー再生の音を仮想的に再現する”という「WARP(Wide Area ReProduction System)」システム。

イヤホンやヘッドホンが基本的に抱えている、頭の中で音が鳴っているような感覚「頭内定位」を解消する技術です。

スピーカーでは本物の演奏のような鳴り方で音が聴こえる一方で、イヤホンで「頭内定位」が起きるのは、右側の音は右耳にだけ、左側の音は左耳にだけ入るため。

スピーカーによる再生では左右のスピーカーから再生した音がそれぞれ反対側の耳にも入りますが、人間の耳には、音が左右の耳に届く際の音の強弱や時間差から、その音源の方向と距離を感じ取る能力があり、スピーカーによるステレオ再生はこの原理を利用しているから自然に立体感がつかめるわけです。

そこで、スピーカー再生のようなそれぞれ反対側のチャンネルに音が混ざった再生を意図的に行うのがWARPシステム。

理屈はわかりますし、実際、その通りなのでしょう。効果もありそうです。

バランス接続とは一線を画しています

面白いのは、これは流行しているイヤホンやヘッドホンのバランス接続とは逆だということ。バランス接続では、通常のアンバランス接続で起こるわずかな左右信号の混ざり合い(クロストーク)を遮断する仕組みを備えるからです。このことによって、むしろ立体感や定位に優れた再生を実現すると言います。

ただ、バランス接続もまた、一理あるのでしょう。というのも、これは頭内定位の中で、より立体感や定位を明瞭にしようということで、その範囲では効果があるはずです。

要はイヤホンやヘッドホン特有の「頭内定位」に対する客観的な受け止め方や主観性でしょう。イヤホンやヘッドホンは「頭内定位」で鳴ることを納得したうえで聴く分には、ワイドレンジ性や情報量といったイヤホンやヘッドホンならではのメリットを楽しんで音楽を聴けます。もっと簡単に言えば、慣れだと思います。

ただ、「頭内定位」の不自然さがどうにも我慢できない向きにはWARPシステムは有効でしょう。

価格・簡単な使用方法も考えると画期的

こうした「頭内定位」を解消しようという試みは高級ヘッドホンを中心に現在も行われていて、なかでもJVCのシステムは大がかりで価格も高価です。価格が原因なのか、なかなか定着しない技術でもあります。

WARPシステムが画期的なレベルで「頭内定位」を解消できるのであれば、価格も安いものですし、大きな話題になると思いますが、どうなのでしょうか。

効果はともかく、仕組みは画期的な雰囲気。というのもイヤホン自体は10mm径ユニットを採用したダイナミック型1基というごくシンプルな構造。例えばサラウンドヘッドホンの一部のように、間接音再生用のユニットを別に置くような複雑な構成でないことがわかります。

また、JVCのシステムのように電源を必要とするアンプなどを用意して、特別な演算を電気的に行った信号を送る仕組みでもありません。普通にイヤホン端子に接続して使うだけ。普通のイヤホンとまったく同じ。このシンプルさとリーズナブルさでスピーカー同様の再生ができるなら大したものだと言わざるをえません。

なお、当然と言えば当然ですが、バランス端子へのリケーブルはできません。ここまで独創的なら、WARPシステムをON/OFFできて、バランス端子へのリケーブルもできるなんてことまでできたら面白いのですが。まあ、そうなると音がおかしくなりそうですし、やはりWARPシステムでの広い空間再現性を楽しむのが本来のイヤホンでしょう。

なお、同ブランドはこれまで「Ar:tio」という表記だったのですが、7月10日から「:」をはずしたArtioへ変更しています。検索の時の入力しにくさが解消される内容なだけに、結構意味はありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました