AZLA ZWEI ポタフェス2019で世界初披露!

イヤホン

「ポタフェス2019」。Astell&Kernの国内代理店であるアユートは、AZLAブランドのイヤホン新製品・「ZWEI(ツヴァイ)」を参考展示。

ブランドでは初という2BA構成によるBA型オンリーのイヤホン。これまではハイブリッド型、ダイナミック型、またダイナミック型というモデル展開でしたから、たしかにBAオンリーは初めて。

価格は3万円台半ばで、この夏中には発売したいとのこと。世界初披露が今回のポタフェスとなったそうで、日本市場への力の入れ込みようがわかります。

2BAのドライバーはクロスオーバーは使用せずに、どちらもフルレンジで使用しているとのこと。これによって、全帯域での音のつながりの不自然さを避け、さらに低歪みを狙っているそうです。そのかわり、ワイドレンジ性はそれなりに犠牲になりそうですが、それを上回るメリットを生かそうということでしょう。

外観が既発売の「Hrizon」に似ているという指摘もあり、既存の筐体構造や設計をうまく活かしてコストメリットを生んでいるのかもしれません。

ツイッターなどでの試聴感想を見ると、BAらしからぬ低音の充実と、BAらしいスッキリ感を同居させた、なかなか巧みな音のイヤホンのようです。また、空間の広がりにこだわりのあるメーカーだけに、その点もしっかり押さえているようです。

ただ、アユートのブースでは、Astell&&Kernとbeyerdynamicがコラボレーションしたイヤホンの最新モデル「AK T9iE」も出展されていて、内容・価格ともに格上のモデルだけにそちらに注目がいってしまった感もあるのでしょうか(イヤホン+AZLA)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました