Mark Levinson No5805 ハイレゾ/フォノ/Bluetooth対応のプリメインアンプ!

Mark Levinson(マークレビンソン)ブランドは、DAC内蔵型のプリメインアンプ新モデル・No5805を2019年夏に発売します。価格は85万円。 新ラインナップとして展開する「No5000」シリーズの第1弾モデル。

伝統のアンプ部をベースに、最新のハイレゾ音源再生から、高度なフォノ再生、Bluetooth再生までをこなし、幅広い音源を一手に再生できるのが魅力です。

プリ・パワーともに、フルディスクリート、ダイレクトカップリングを採用。AB級パワーアンプに500VAの大容量電源トランスを搭載し、電源部にはチャンネルごとに10,000μF×4基の大容量コンデンサーを備えるといったこれも伝統的な物量投入型。8Ω負荷時に125W/ch、4Ω負荷時に250W/chと、プリメインアンプとして十分なパワーを備えます。

デジタル入力は4系統。光デジタル×2、同軸デジタル×1、アシンクロナス伝送対応USB×1を備え、PCMは384kHz/32bitまで、DSDは11.2MHzまでの再生が可能。MQAファイルの再生もサポートしているのが注目点。

ESS Sabre 32bit D/Aコンバーターと、独自のジッター低減回路を組み合わせたフルバランス、ディスクリートコンバーターから成るという「Mark Levinson PrecisionLink II DAC」を搭載するのも特徴。

SBC、aptX、aptX HD、aptX LL対応のBluetooth受信機能も搭載。

アナログ入力はXLRバランス×1、RCAアンバランス×2。プリアウトも備えます。

新開発したフォノイコライザーも特徴。CR型とNF型を組み合わせたRIAAフィルターを採用。MM/MCのゲインコントロールとサブソニック・フィルターのON/OFFが行えるほか、使用するカートリッジに合わせた負荷容量(MM)と負荷抵抗(MC)の調整も可能と、多機能かつ高品位。

外形寸法438W×145H×507Dmm、質量28.1kg。高級感のある外観とリモコン装備の便利さも持ち合わせます。

単品オーディオ機器がむやみに高額化しているなかにあって、このブランドや内容からすると高くはない印象。むしろ安いくらい。スペック、機能的にも十分に豊富で現代的。USB入力によるハイレゾ再生への対応度も海外ブランドということも考えると十二分のレベル。

強いて言えば、Bluetooth受信機能はLDACに対応するのはやはり難しいようです。単体で音楽ストリーミングサービスに対応する必要は、このクラスの機器としては必要性が薄いのでしょうか。そこは外部機器を用意してのBluetooth入力あたりで、ということでしょう。

フォノへの注力も特徴ですが、本機を買うようなユーザーのまだ多くがそれほどアナログ再生をしているものなのでしょうか。

マークレビンソンのアンプと言えば、レジスターアレイ方式によるボリュームコントロール機能が特徴。AAVAやLECUAなどの高精度ボリュームに通じる高品位ボリュームで、1990年代以来の伝統があります。

オーディオ再生においては、ボリュームの精度が非常に大きい比重があると思いますが、この部分に高度なノウハウのあるメーカーは世界的にも少ない、少なくなっているように見えます。これを維持し、最新化できるだけでも価値があると言えそうです。

マークレビンソンの母体・ハーマンインターナショナルについても世界的なオーディオ趣味の後退があるのか、現在はサムスン傘下になるなど先行きは不透明です。

一方で、中国や中東などでは超高額機も含め、単品オーディオに期待の持てるマーケットもあります。ただ、そこを狙うとなると、いかにもなデザインや目の玉が飛び出るような高額化、などの副作用があるように思います。

真に音楽を聴くための道具として、純粋に楽しめる機器をマークレビンソンには作り続けて欲しいものです。バランス感覚を失わない程度の価格で…(プリメインアンプ+Mark Levinson)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました